2008年07月09日

ごはん手帖Vol.2

080708_183853.jpg


ほんとに毎日夏真っ盛りです。
コンロの前に立つのをためらう程の暑さだったので
ホットプレートクッキングにしました。


第二回のごはん手帖の献立は。。。

広島風お好み焼き
冷やっこ

初雪盃 夏の酒          *やや辛口 (冷酒7℃)
初雪盃 特別純米酒(しずく媛) *やや甘口 (冷酒7℃)
初雪盃 本醸造          *辛口    (冷酒7℃)

第一回の時に本醸造にあう料理を探してみよう!と
思いましたので今回はお好み焼きにしてみました。

<夏の酒>
お好み焼きのソースにはお酒の味が多すぎて
なんだかあいません。苦味も感じまいた。
冷やっこにはぴったりでした。
冷たいさっぱりしたやっこにさわやかな吟醸香が
マッチしていてどちらもおいしい。

<特別純米(しずく媛)>
甘めのソースや鰹節にまぎれてしまい、さらに
お酒の甘さが追い打ちをかける結果になりました。
前回の肉じゃかのようにやさしめの甘さのほうが
相性がいいようです。

<本醸造>
今回のダントツナンバーワンでした。
ソースのこってり感もさっぱりと洗い流してくれ
さわやかな後味。
広島風ならではの野菜たっぷりしゃきしゃき歯ごたえにも
合っていてなじみます。

本醸造は焼きそばや焼き鳥のタレ味なんかと合わせるとすっきり
さっぱりしていてキリッとした特徴を存分にいかせそうです。
夏の酒はやっぱりさっぱりした夏の料理と相性がよく、
料理も冷たいものの方がさらに合うように思います。
夏の酒は洋食にも合いそうです!
次回は冷たいパスタに合わせてみようと思います。
posted by ミタニ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック