2008年08月06日

ラベルの上に注目。

080805_113628.jpg


先日よりお酒を造った年のシールをお酒に添付するように
しています。ラベルの上のひし形に見えるものがそれです。
年ごとに色を変えています。
ワインではよくみかけますもんね。

お客様から聞かれることで

『去年のお酒は古いからちょっと・・。』とか
『新酒のほうがおいしいんですよね。』とか
『古いのはだんだん辛くなるんですか。』とかとか

ありますがどれも違います。
当蔵のお酒は造った後、一升瓶にいれて
冷蔵庫にて低温貯蔵しています。
味、品質が劣化することはありません。
もちろん新酒のときとまったく一緒でもありません。
時間をかけてゆっくりと丸く丸くなっていくのです。
まろやかになるといいますか。
新酒のフレッシュな味とはまた違うおいしさを
楽しめるのです。

また、同じ原料手法で造っていてもお酒は生き物。
甘さ辛さ、アルコール度数・・まったく同じ味を
造りあげることは難しいのです。
その年々の美味しさをお楽しみいただきたいの
です。

初雪盃を目にする機会があればラベルの上に
注目してみてください。
posted by ミタニ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104274479

この記事へのトラックバック