2008年09月26日

お蔵訪問『亀岡酒造株式会社』。

080922_171043.jpg


梅錦さんの訪問後、松山を通り越して
今度は内子の亀岡酒造さんまでお邪魔してきました。

江戸時代から続く蔵の中は歴史の深さを物語るように
昔の酒造りの道具や今もなお健在の道具達が並んでいました。
それだけではなく最新の搾り機や道具を使い
案内してくださった製造責任者の二宮さんがさまざまな
工夫を凝らして仕込みをされている様子をお話くださいました。
熟成酒が眠る倉庫型冷蔵庫は設備の大きさに驚くばかりでした。
『今年はいい米ができてるね。』ともおっしゃられていました。
地元で育つ松山三井の田んぼを見に行って成長を確認されている
そうです。
ここにもまた、地元に愛されるお酒の原点を見つけました。

お互い体に気をつけてよい酒をつくりましょう。と
別れを告げました。二宮さんの意気込みをひしひしと
感じる蔵見学となりました。
私達も頑張らねば。

詳細はこちら→千代の亀 亀岡酒造株式会社
posted by ミタニ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107158405

この記事へのトラックバック