2008年10月08日

ごはん手帖Vol.4

hatsuyukihai-2008-10-08T13_59_21-3.jpg


10月1日に発売しましたひやおろしと
ごはんとの相性をみてみました。
第四回のごはん手帖は

アボガドまぐろ丼

にしました。
さほど秋らしくない食卓ですが、
四国清酒鑑評会ではまぐろとの相性も
審査対象になりますので
ひやおろしの燗との相性もみてみようと
言うことになりました。


初雪盃 ひやおろし純米酒     *やや甘口 (常温12℃)(ぬる燗40℃)  
初雪盃 ひやおろし本醸造     *やや辛口 (常温12℃)(ぬる燗40℃)

<ひやおろし純米酒>
常温でもやわらかいお酒ですが、ぬる燗だとさらにやわらかさが
際立ちます。食事との相性もよく、さっぱりしたまぐろですが
じわじわとお米の味でまろやかにしてくれます。

<ひやおろし本醸造>
常温だときりっと後味が引き締めます。
やっぱり燗が美味しさを引き立てます。ふんわりとした
お米の味がひろがりつつも最後はさっと後味を残さず
さっぱりとしたのみ口でこちらもまぐろとの相性もよく
食事の邪魔をせずすんなりと盃を重ねられます。
以外にもアボガトともマッチ。まろやかな味のアボガド
の後味をさらっとしてくれます。


ひやおろしはどちらも常温よりも少し燗にするほうが
より味の幅がひろがりお米の味がより感じられます。
夕方以降、夜はすこし肌寒くなってきましたので
今まで燗になれない方もぜひチャレンジしてみてください。
posted by ミタニ at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ごはん手帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8月はありがとうございました。
10月2日に「チョウゲン坊」でひやおろしいただきました。旨かったです。
25日にチョウゲン坊で酒の会を開きます。その際に、ひやおろし2種を1升瓶で1本ずつ出したいと思います。明日、詳細をFAXいたしますので、宜しくお願いいたします。11月2、3日に松山に参ります。どちらかの日に伺いたいと思います。
Posted by all that jazz at 2008年10月08日 23:16
わざわざ蔵までお越しくださいまして
ありがとうございました。
チョウゲン坊様での酒の会の詳細を
FAXでいただきました。
ご準備して発送いたします。
11月2日3日ですが2日は砥部町の
砥部焼まつりで出店にでております。
蔵はもちろんあけておりますが
3日ですと主人も蔵におります。
またお会いできること楽しみにしてます。

Posted by ミタニ→all that jazzさま at 2008年10月11日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック