2008年11月27日

愛媛県酒米センター見学。

P1040724.jpg


JA全農えひめ酒米センターを見学してきました。
蔵の近くの松前町に大きな新しいセンターがあります。
事務所の中に精米のシステムがあり、それで自動制御されて
おり、すべてがオートマティックに動いておりました。
センター内の全装置の数値がすべて画面でわかるように
なっていて24時間自動運転だそうです。
センター内の機械もどれもすごくて想像以上。
これからが精米の本番でフル稼働になるそうです。
『手でやるのがほんとは一番ええのよ。』と
ぽつり呟いた事務所内を取り仕切るおじいちゃん。
昔はお米が柔らかければゆっくりと時間をかけて、
都度確認しながら精米していたそうです。
もちろん機械は早くて正確で大量に処理できるのだろうけど・・
お酒を手造りするのもやはり目で見て状態を確認して
きめ細やかに微調節することで繊細な味ができあがるのと
同じように感じました。
とはいえ、精米はこれだけの量を手作業なんて
とんでもなく大変ですもんね。
来年一斉発売の愛媛県初の酒米『しずく媛』もぞくぞくと
入荷していました!




posted by ミタニ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック