2009年06月08日

砥部焼の水琴窟。

DVC00207.jpg


砥部焼の水琴窟を見に行ってきました。

以下砥部町役場のパンフレットの引用。
"水琴窟は土の中に甕(かめ)を伏せて埋め、底にたまった
水面に落ちる水滴の音を楽しむものです。
『砥部焼水琴窟』は砥部焼の甕を地上に出した
『地上型』として制作されたものです。
江戸時代から伝わる水琴窟はまるで琴のような
趣のある音色で、日本人ならではの『わび・さび』
を感じる音百景を演出してくれます。"

早速、水琴窟の横の鉢から水をそそぎ、綺麗な音を聞いて
みました。ぽつりぽつり落ちる滴が甕のなかで
響きあいます。
蔵仕事一年目の時、初めて袋吊りしぼりを体験し、
滴り落ちるお酒の滴がホウロウタンクに響きあい、
まるで水琴窟のよう!!と感動したのを思い出します。
↓↓↓↓
image/hatsuyukihai-2009-02-20T14:29:49-1.jpg


砥部焼の水琴窟は二箇所に設置されてます。
○砥部町役場ロビー
○砥部焼伝統産業会館中庭




posted by ミタニ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 砥部町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121078615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック