2009年05月28日

製造技術研究会。

090528.jpg


昨日、東広島で開催された製造技術研究会へ
主人が行ってきました。
この製造技術研究会は全国新酒鑑評会へ
出品したお酒をきき酒し、製造技術や
品質設計について自ら検討・研究することにより、
清酒の製造技術や品質の向上に資することを
目的としています。

当蔵の出品酒はまずまずの出来で安心したとのことです。
画像の金賞酒は『本醸造』のラベルをはってますが
中身は大吟醸です!

posted by ミタニ at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

全国新酒鑑評会『金賞』を受賞しました!

おかげさまで、平成20酒造年度全国新酒鑑評会にて
協和酒造の初雪盃は3年連続『金賞』をいただくことが
できました。
日頃ご愛飲くださる皆様のおかげだと感謝しております。
ありがとうございます。

今年は杜氏のおやじさん不在の元、初めての造りで
家族総出でお酒を造りました。
大部分を主人と私で管理しできあがったお酒です。
これまでおやじさんが造り上げてきた初雪盃の味を
落とすことなく、それに自分たちの色を乗せて
さらによいお酒を造りたい!と一心に蔵の仕事を
してきました。

今年はいつも以上に柔らかくやさしい大吟醸に
仕上がったため、お酒自体はよいお酒ですが
全国鑑評会の基準にはあてはまらないだろうと
思っていてまさかの受賞でしたのでなおさら
うれしかったです。
そして愛媛県の受賞蔵が9蔵と多かったのも
うれしかったです。
愛媛のお酒。
これからも自信をもってたくさんの方に飲んで
いただきたいと思います。

そして。
毎年この時期になると書いていると思いますが
金賞酒だけじゃなく、自分たちの手から生まれる
すべてのお酒に愛情と手間をかけ、時間を惜しまず
丁寧に育て上げています。
その思いを感じながら飲んでいただけると幸いです。

来年もまたよいお酒ができますように。
自分たちができることをひとつひとつ
今後も頑張って行きたいと思います。
初雪盃をこれからもどうぞよろしくお願いします。



詳細はこちら→酒類総合研究所 平成20酒造年度入賞酒一覧




posted by ミタニ at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

平成21年四国清酒鑑評会。

2009040813240000.jpg


4月8日に高松国税局にて平成21年四国清酒鑑評会の
表彰式と出品酒の公開がありました。
おかげさまで『初雪盃』は純米の部で優等賞を
いただきました。
純米の部はカマンベールチーズとの相性の審査も
あり、どの純米が合うか不安な面もありつつの
出品でした。
去年までは課題酒と純米酒の総合評価での審査でしたが
今年からは吟醸の部と純米の部に分かれて表彰がありました。

出品したのは4月1日に統一銘柄『しずく媛』で販売開始した
しずく媛の特別純米酒です。
チーズはもちろんのこと食中酒としておいしくいただけます。
ぜひお試しください。

posted by ミタニ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

愛媛県新酒鑑評会。

DVC00102.jpg


平成20酒造年度 愛媛県新酒鑑評会へ行ってきました。
愛媛県内の蔵元が今年できた新酒を出品し
評価をうける会です。

今年の成績は以下のようになりました。
【金賞】
40%大吟醸
しずく媛特別純米
本醸造


【銀賞】
しずく媛純米吟醸
しずく媛吟醸
松山三井特別純米

高松国税局の鑑定官室の指導官や先生から今年のお酒
の指導を受け説明を聞きました。
意図しているお酒の質になっていると主人は納得して
おりました。
今年は杜氏のおやじさん不在の酒造り。
家族だけの造りでしたがひととおりは評価してもらえ
ました。また今年の自分たちの力を素直に受け止めて
来年の造りの糧にしたいと思います。

成績は成績でさて置き、一番いいのはこの愛媛県鑑評会の
結果はまぁ参考にする程度で、自分の好きなお酒を飲むことだと
思います。
飲んでたしかめて、誰が何と言おうが私の金賞はこれです!
というお酒をみつけるほうが楽しいものです。

それともうひとつ。
愛媛県の利き酒大会があったのですが、なんと私が
これをもらいました↓↓↓

DVC00123.jpg

3名が同点だったのでじゃんけんをして順位をきめましたが
まさか3名に選ばれるとさえ思ってないので名前を呼ばれた
本人が一番びっくりしてしまいました。
もっと酒の事を勉強しろだのきき酒を勉強しろだの言っている
主人がえらく悔しがっていました。
ししし。
posted by ミタニ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

全国新酒鑑評会『金賞』受賞しました!

080520_112642.jpg


平成19酒造年度 全国新酒鑑評会が先ほど
発表されました。

おかげさまで協和酒造の初雪盃は二年連続
『金賞』をいただくことができました。

杜氏のおやじさんを始め、今年の酒造りを
手伝ってくださった皆様、
また、日頃からご愛飲くださいます
皆様のおかげだと感謝しております。

今年の酒造りは10月から始まり3月まで
続きました。とても長く果てしなく続くように
思うくらいでした。
私が蔵の仕事をするのが初めてだったせいかも
しれませんが・・・。
大みそかも元旦もお酒を搾りました。
今年の秋と冬はお酒を造り続けた記憶しか
ありません。
美味しいお酒を造るため、皆さんに喜んで
いただけるお酒を造るためそれだけを一心に
6ヶ月間走り続けた来たように思います。

金賞だけが良いお酒ではありません。
良いお酒、美味しいお酒は飲んでくださる
皆さんが決めることです。
そして私たちは出品した大吟醸だけを熱心に丹念に
造っているわけではありません。
自分達の手が造り出すすべてのお酒に愛情を
そそぎ、手間をおしまず丁寧に造り上げています。
どのお酒も自慢の一酒なのです。


金賞でうれしい。でもこれで終わりではありません。
また今年も一からのスタートです。
今年もよいお酒が生まれますように。
posted by ミタニ at 11:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

西宇和郡自醸酒品評会。

080425.jpg


伊方杜氏が今年造ったお酒の味を審査する
品評会に昨日行ってきました。
おかげさまでこの品評会でも
当蔵のお酒『初雪盃』は優等賞になりました。

優等賞に輝いたお酒は

◆大吟醸(40%精白)
◆純米大吟醸(50%精白)

この二種類でした。

もうひとつ出品したこちらは
一等賞でした。

◆大吟醸(50%精白)


さらに去年に引き続き『利き酒大会』では
主人が一位をいただきました。
私は二回目の挑戦でしたがまだまだ
勉強が足りないようです・・・。

久しぶりに杜氏のおやじさんとも
お会いしてきました。この日は前日の
夜から漁にでて朝の5時に帰ってきたそうです。
いつもながらおやじさんのパワフルさには
驚かされます。

posted by ミタニ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

四国清酒鑑評会表彰式。

080410_124505.jpg


平成20年 四国清酒鑑評会の表彰式のため
高松国税局へ行ってきました。

表彰式の前に製造技術研究会として出品された
お酒161点の公開きき酒会も開催されました。
どれも素晴らしい味のお酒が多く優等賞を
とったといえどもどれも僅差だったのだな
と感じました。

会場では西本酒造の奥様にお話をさせていただき
ました。お酒造りの事、ご家族の事などお話しました。
こう表現すると失礼かもしれませんが私より40歳も先輩の奥様。
今年の冬も麹作りをされたそうです。
素晴らしい!
『毎朝起きると真っ先に蔵へいきもろみ達におはようと
言うのよ。うふふ。』とおっしゃられていました。
愛情を込めて手造りで丹念にお酒が作られていることが
その言葉で読み取れます。
西本酒造さんもご主人と奥様お二人で酒造りをされている
そうなので勉強のため蔵見学をさせてください
とお願いしてきました。
『あなたもお酒造るようになったのは何かの使命ね』と
ほがらかに語られる奥様の言葉に元気が沸いてきたのでした。

詳細はこちら→西本酒造『虎の尾』



posted by ミタニ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

平成20年 四国清酒鑑評会『優等賞』。

080409_104640.jpg


先週、平成20年四国清酒鑑評会の優等賞の
発表がありました。
おかげさまで初雪盃は昨年に引き続き今年も
『優等賞』をいただくことができました。
ありがとうございます。

今年は四国全体で55場161点が出品された
そうでその中で愛媛県では9蔵が受賞いたしました。
明日は高松で表彰式がありますので参加してきます。
表彰式の前には四国鑑評会に出品されたお酒の
利き酒会として『製造技術研究会』がありますので
その様子をまたご報告できればと思います。

四国清酒鑑評会に
出品したお酒は以下の3点です。

◆大吟醸40%
◆大吟醸50%
◆60%純米酒

出品したお酒に一番近い
大吟醸50%(無濾過生原酒)は以下でご購入できます。

初雪盃直売店『蔵元』
tel:089-962-2717
愛媛の地酒アンテナショップ『蔵元屋』
津田酒店

※数量限定の商品ですのでお早めにお問い合わせ
 ご予約ください。
posted by ミタニ at 10:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

平成19酒造年度 愛媛県新酒鑑評会。

080313_103401.jpg


本日愛媛県工業技術センターにて
愛媛県新酒鑑評会ときき酒大会が開かれました。

きき酒を本格的にするのも、大会にエントリーするのも
初めてで緊張しました。7つのコップにつがれたお酒を
きいていくのですがかなり難しかったです。
出品酒の一般公開のきき酒会では出品されたすべての
お蔵のお酒をきくことができそちらも勉強になりました。
どれも今年の冬『今までの中で一番よい酒を!』と
いう思いで造られたお酒達。入魂の一酒です。

さて、協和酒造の初雪盃の鑑評会での評価ですが、
おかげさまで出品したお酒のぼぼすべてにおいて入賞を
いただくことができました。
特に純米吟醸酒、大吟醸酒は最良の金賞をいただきました。
出品したお酒の評価内容は審査をされた先生方から聞きます。
それを元に来年の課題と改良点にしていきたいと思います。
お酒造りは『今年金賞だったからよかった。』では終われません。
また来年になるとゼロからのスタートです。




posted by ミタニ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑評会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする